吉野千本桜

みどころ

・「一目千本」とも評される、山全体に広がる約3万本の濃淡様々な桜。
・修験道の総本山、金峯山寺を中心とした寺院、古社。


吉野山の駐車場

観桜期にはエリア内の公共駐車場は全て有料となります。もの凄い混雑ですので仕方ないですね。交通規制前に出庫できるのであれば、ロープウェイのりば近くに民間の駐車場があるので、こちらの方が割安です(交通規制時間になると出庫できなくなる)。
花矢倉展望台の前に無料の駐車場がありますが数台しかない&早朝から車がいるのでまず停められないと考えておいたほうが良いでしょう。

駐車場の混雑状況

満開時期の週末は午前7時頃から周辺道路が混雑し、8時~9時には臨時駐車場が満車になるほか、9時~17時の間は下千本~上千本間のメインストリートが交通規制となります。このため、渋滞を避けるには早朝か夕方に行くしかありません。

駐車場の混雑レポート(早朝に到着するケース)

朝5時過ぎくらいに現地に到着しました。上千本近くまで車を進めたところ、渋滞と言うほどではないですが駐車待ちの車列ができており、路上駐車をしないよう警察が指導していました。我が家は早々に諦めて中千本近くまで戻って有料駐車場に車を停めました。中千本に戻る途中にも次々と車が上ってきており、吉野山の凄さを思い知らされました。



車を降りて、まずは人が少ないうちに花矢倉展望台(上千本)を目指します。まだ薄暗かったですが、空気がとても気持ち良かったです。



展望台への道。結構な坂道でした。



花矢倉展望台からの景色。苦労して行った甲斐がありました。



その後、中千本~下千本方面へと降りました。時間の経過と標高の低下につれて人が増えてきます。



日が射すとまた景色が変わります。

世界遺産である金峯山寺も参拝。ただし、もう一つの世界遺産である吉水神社は9時~ということで参拝できませんでした。こちらに行かれる場合は、公共交通機関を利用するか、通行止めの影響がない遠めの駐車場に車を停める必要がありそうです。



早朝とは思えぬ人の入りではありますが、5時台に吉野入りすれば大きな混雑に巻き込まれることもなく、落ちついて桜を楽しめると思われます。ただし、我が家が吉野を出た9時頃には、近鉄の駅からどんどん人が出てきていましたので、ほどなく歩行困難になるくらいの混雑になったのではないかと思われます。また、交通規制区間以外の車道も吉野向きの道は大混雑していました。早朝、夕方に行けない方はやはり長時間待たされる覚悟が必要だと感じました。

住所

奈良県吉野郡吉野町吉野山

アクセス

吉野山観光協会ホームページ

交通規制情報

吉野町ホームページ

桜の開花時期

4月上旬~下旬頃

0 件のコメント :

コメントを投稿