オーストラリアレンタカー旅行記② ~出発!QF34→VA1623を乗り継いでエアーズロックへ~

2018年4月に行った、オーストラリアへのレンタカー旅行の記録です。今回は、関空から出発しカンタスQF34便→ヴァージンオーストラリアVA1627便に乗り継いでエアーズロックリゾートに行くまでの行程です。



オンラインチェックインで座席指定・・・のはずが座席指定できない!

今回、カンタス航空のセール便で予約をしたため、座席指定は有料オプション(約3,000円)となっていました。長旅なので指定しても良いかとも思ったのですが、調べたところ、出発24時間前からオンラインチェックインで座席指定ができるとのこと。特に場所にこだわりはなく、妻と隣同士の席を選択するだけなら当日で大丈夫だろうということで、オンラインチェックインすることにしました。

そして出発24時間前、オンラインチェックインサイトから以下の方法で手続きをしようとしても、サイトの不具合のためか上手く座席指定ができないトラブルに遭遇。困り果てていましたが、スマートフォンのカンタス航空アプリで予約情報を入れることで無事座席の指定ができました。

(参考)座席の指定方法(カンタス航空ホームページより)

チェックイン前に座席を指定するには、予約の照会にログインするか、カンタス・フリークエントフライヤー会員はお客様のご予約(英文)にログインしてください。
座席指定済みでも、搭乗手続は必要です。座席料金の領収書(有料の座席の場合)、カンタス航空の予約番号をお持ちください。オンライン・チェックイン#をご利用の場合は、予約の照会にてご旅程を表示の後、言語を英語に変更いただいて、FLIGHTS欄にあるCHECK IN/BOARDING PASSボタンよりお手続きください。パスポート情報を入力、座席指定の上、搭乗券を印刷して空港へお持ちください。 

カンタス航空のエコノミークラスはどう?

20:40関空発の予定が機材の到着遅れで30分ほど遅れて出発しました。ビジネスクラス、ファーストクラスに乗る財力は残念ながらないのでエコノミークラスです。シートも窮屈ということはなく、エンターテイメント機能も充実しており、快適に過ごせました。液晶画面の下にUSBポートがあり、そこから携帯電話等の充電ができたのも嬉しい誤算でした。

新しい機体でカッコいいです


Android OSで動いている感じ。日本語の映画もそれなりにありました。


機内食。巻き寿司とカツ丼を選択。


すぐ眠れるようにスパークリングワイン(無料)を頼んでみました。


映画を見て一眠りしたら朝。

シドニー→エアーズロックの国内線乗り継ぎは可能か?

私たちが乗ったカンタスQF34便は現地時間7:30に到着予定、そしてヴァージンオーストラリアのエアーズロック行きVA1627便が10:05出発予定。通常オーストラリアでの入国手続きは厳しいのでトランジットに3時間は見ておいたほうが良い、というWeb情報を見てはいたのですが、VA1627便より後の便だと午後出発のジェットスターのみ。せっかくのエアーズロックを少しでも長く楽しみたいということで、賭けでしたがVA1627便を予約していました。

ところが、上述の通り出発も30分ほど遅れ、これはヤバイと思ったのですが、結果的には無事乗り継ぎできました。入国→乗り換えをスムーズに済ませるコツは以下の通りです。ただし、常に大丈夫とは言い切れないので、予約をされる際はリスクを承知の上でお願いします。

シドニー→エアーズロックへの乗り継ぎポイント

・飛行機の中で入国カードを書く
 飛行機の中で配布される入国カードに情報を記入。持ち込み品等は正直に申告すること(後で申告していないものの持込みが発覚すると長時間足止めを食らうことも)。

・入国審査はスマートゲート
 オーストラリアでは入出国手続きを無人で行うスマートゲートというシステムがあります。飛行機から降りると至る所に青い端末がありますので、そこにパスポートをかざして操作を進めると、カードが出てきます。それを出国ゲートでかざして顔写真の照合が終わればゲートを通過できます。手前の端末が混んでいる場合は奥の方(免税店エリア)にいくつも端末がありますので、そちらを利用しましょう。

・預け荷物をピックアップして税関へ
 入国カードの記載に応じて必要な審査を受けます。薬、食品をもっていましたが、事前に申告していたこともあり、スムーズに通過できました。

・入国手続き完了、ヴァージンオーストラリアの乗り継ぎカウンターへ
 入国ゲートを過ぎると↓のような場所に出ます。ここから左側のヴァージンオーストラリアの乗り継ぎカウンターへ急ぎます。小走りで数分です。カウンターでチェックインを済ませ、手荷物を預けます。無料のバスチケットをもらえるので、ゲートに隣接したバス乗り場から国内線ターミナルへ移動します。

 ジェットスターだと、バスも有料で手荷物預けも国内線ターミナルに着いてからのようですので、ヴァージンオーストラリアにして良かったと思いました。



あとはエアーズロック行きの飛行機に乗るだけ


上手く乗り継ぎできるかヒヤヒヤしていましたが、拍子抜けするほどスムーズに行きました。


期待が高まります。

ランチ。おいしかったです。機材は少し古めでした。


3時間40分のフライトを経てエアーズロックへ。


次回はレンタカーでのエアーズロック旅について紹介します。



0 件のコメント :

コメントを投稿